アレルギーが心配で、折角の結婚指輪にどんな素材を選んで良いのか? お困りの皆様、私達、セブンドリームスが自信を持ってお勧めできる、タンタルの結婚指輪は如何でしょうか?

タンタルという素材の特徴

タンタルの特徴の一つでもあるのですが、タンタルはかなり希少な金属なので、あまり名前を聞いた事のない方も、多いかと思います。安心してお使いいただく為に、まずタンタルという金属の特徴を説明させていただきます。

1.アレルギーに対して、最も安全な素材タンタル

金属アレルギーの原因は、汗や水分で溶け出した金属イオンと言われますが、タンタルは水分、汗、海水には全く反応しません。それどころか、金やプラチナをも溶かす酸<王水>にも溶けません。 そして医療用の人工骨などに使用されることでも、その安全性は証明されています。 なにしろ<タンタル>という名称は、発見した科学者が酸に浸しても全然変化がおきないため、「なにものにも影響を受けないモノ」という暗示でつけたという物語があるほどです。 タンタルの安全性が最高グレードである事が伝わるエピソードですね。

2.とても強度が高い素材タンタル

結婚指輪はこれからとても長い時間をお二人と旅する存在。 いつまでも美しいままであって欲しい!と思われることと思います。 ですが、何かの拍子でぶつけてしまったり、固いモノに擦ってしまって、指輪に傷がついてしまった経験をお持ちの方もいるかもしれません。 タンタルはそんな傷に対しても安心な抜群の高度を持っています。 キズへの耐久性のバロメーター<モース硬度>を比べると地球でもっとも硬い物質<ダイヤ>の<硬度10>はご存知の方も多いと思います。 そんなダイヤに比べて、プラチナで(純プラチナです)4~4.5、タンタルは6.5とかなり高い硬度を誇ります。 工房で製作していても、一番時間がかかるのが<研磨>ですが、磨きにくいということは、摩擦に 強いと言う事で、6.5と高い硬度を見ても、他の素材に比べ美しい輝きが長持ちするすることを期待できますね! 余談ですが、映画<ターミネーター>の不死身のロボットの素材もタンタルが使われていることがマニアの間では 有名な話です。

3.産出量が少なく、抽出も難しい真のレアメタル<タンタル>

タンタルはレアメタルの中でも採掘される量が少ないことでも知られ、<宇宙でもっとも少ない元素>と言われる希少な 材料です。 もともと採れる量が少ないタンタルですが、鉱石から採り出すのも難しく、そのことが希少さを後押ししています。 また融点がなんと3000度を越え、(融点が高いと言われるプラチナが1768度、チタンが1668度、ゴールドは少し低くて1064度)熱にも飛びぬけて強い素材です。

タンタルの結婚指輪

タンタルという金属の素材としての特徴に続いて、タンタルで作った指輪の特徴を説明させていただきます。

永遠に保たれるブラックの輝き

  地上の金属で最も黒いタンタル、そのスタイリッシュな黒い輝きは、研磨するにしたがい深みと透明感を増します。 その光沢は私には黒いガラスのように感じられます。 時には作業を止めて魅入ってしまうほど引き込まれるような硬質な黒い輝きは、タンタルのオンリーワンの魅力です。 マットに仕上げたサテンブラックも、メタリックなブラックがタンタルにしか現れない色合い。 またミラーとサテンのツートーンに仕上げるお客様が多いのも、タンタルの多彩な黒を味わいたい! という<一番黒い金属>の持つ奥深い魅力の証明ですね。 もちろん素材そのものの色合いですから、どんなに時間が経っても、どんな環境にあってもいつまでも美しいブラックを保ちます。

タンタルの結婚指輪を選ぶ注意点

タンタルの素材、指輪のもつ魅力をお仕えさせていただきましたが、注意点もあります。

創り手を選ぶタンタル

タンタルという素材の特徴として、固さ があげられることを説明させていただきました。 ただ、そのため加工も大変難しく、デザインをイメージどうりに成型するのも困難で、リングにラインナップできるブランドが 限られてしまいます。 実際セブンドリームスでも、手にとって加工作業に入ると、強靭なタンタルは削るのも、磨くのも大変で開発は困難を 極めました。 その中で、意外にもタンタルと相性がよかったのは、昔ながらの<鍛金(たんきん)技法>でした。 手作業で少しづつタンタルにイメージどうりのカタチを与えていくのは、経験の裏づけがある、素材と対話できる職人の技だけがなせる業です。 高速切削マシーンの刃物をボロボロにするタンタルが、クラフトマンの手作業と相性が良いとはなんとも不思議ですね。 <研磨>もチタンやジルコニウムで培ったどの手段でも、輝きは引き出せませんでした。 粗磨きから、だんだんと細かい研磨剤へ、、細かく分けたステップをどれひとつ飛ばさず丁寧に進めないと、前の工程に逆戻り。 精密な工程をこなしてこそ、タンタルにしかない透明感あるブラックの輝きが実現します。 このように加工が難しいタンタルはどうしてもデザインがシンプルなものに偏りがちですが、長年のオーダーメイドジュエリー製作で培った、手作業での製作経験を生かしたセブンドリームスのタンタルリングは、どのスタンダードモデルもタンタルで製作できますし、オリジナルオーダーも対応可能です。 タンタルでの結婚指輪にご興味が湧いた際は、是非、納得のいく、信頼のおける ブランドでご相談いただければと思います。

タンタルの結婚指輪をご検討の方

いかがでしたか? これだけ豊富なストーリーを持つ金属も珍しいですよね。 強い個性を持つ人気のレアメタル<タンタル> この魅力的な素材で自由なデザインで結婚指輪/婚約指輪を作れる数少ないブランドがセブンドリームスです。 メンズはタンタルのインパクトあるブラック、レディースは王道のプラチナで・・なんて<ブラック&ホワイト> の組み合わせも人気ですよ。 タンタルの婚約指輪/結婚指輪に興味が湧いてきたらお気軽にご相談くださいね。 実際に多くのタンタルリングの製作を手がけたクラフトマンの貴重なノウハウのアドバイスも参考になると思いますよ!    

白い結婚指輪もいいけど
黒の結婚指輪はかっこよすぎです。人と一緒が嫌だという方にも人気です。サンプルを見る事が出来るので一度見に来て試着してください。お待ちしております。^^