今回は、最近注目の金属アレルギーでも着けられる
結婚指輪についてわかりやすくまとめてみました。

金属アレルギーでもつけられる指輪って?

金属アレルギーでも着けられる指輪ってどんなもの?

一言で言うと、アレルギーが出来にくい素材で製作された
結婚指輪のことです。

金属アレルギーは、金属の成分がイオン化して
溶け出すことでおこります。

金属アレルギーが出やすい金属は
この、<イオン化>が起こりやすい順に
ニッケル・コバルト・スズ・水銀・パラジウム・・・
となります。

なので金属アレルギーが出にくいリングとは
これらの金属と逆に<イオン化が起こりにくい金属>
=安定した金属でつくられているリングのことです。

金属アレルギーが出にくいリングの種類は?

これら<安定した金属>は医療用として<人口骨>として
身体に埋め込んで使われるほど、人体への影響が少ないことで
知られています。

リングとして普及が始まっているのは、
・チタン
・ジルコニウム
・ハフニウム
・タンタル
などですが、
・チタン以外は、ジルコニウムがプレミアム感で
人気が高まって来た感じで、
・ハフニウム
・タンタル
は、まだごくごく限られたショップでしか扱われて無い
状態です。

金属アレルギー対策リング選びの注意点

チタンを中心に、これらの金属アレルギー対策素材
を別名<レアメタル>と呼びます。
これらは呼び名のとおり、鉄やアルミに比べて
希少な存在で、同時に加工が難しい金属です。

一グラムのゴールドが糸状に伸ばすと3km近くまで
伸びるといわれているのに比べて、
チタンはほんのわずかしか伸びませんし、
削るにも刃物がすぐ傷むのは有名です。

そのためどうしても通常見られるこれらの
金属アレルギー対策素材のリングは、
製作しやすいシンプルなデザインのものが
多くなりがちです。

特にダイヤを留める細い爪の部分

の加工が
難しいため、エンゲージリング(婚約指輪)で
これらの金属アレルギー対策素材で出来たものは
まだ極端に少ないのです。

デザイン性とアレルギー対策の両立

<ゼクシー>のアンケートでも、
Q:リング選びで大事にするのは?
A:<デザイン>
が回答率No1のようです。

金属アレルギー対応のリングも
デザイン性抜きには選べないと思います。

 

 

 

セブンドリームスでは、20年を越える
ジュエリーのオーダーメイドで培った
技術をベースに、加工が難しい金属アレルギー対応素材
でも、繊細なデザインを製作できるようになりました。

金属アレルギーのあるご新郎さまはチタン、ご新婦さまはプラチナで
デザインはペアで。

デザインの制約無く自由な結婚指輪選び、しかもアレルギーフリー。
これがセブンドリームスのご提案するリング選びのスタイルです。

ご心配やご不明なことはいつでも無料相談までご連絡下さいませ。

以下のお問い合わせフォーム【24時間後対応】
https://ansin-ring.com/contact/
またはお電話で
092-231-9331 
【火曜・祝日定休/11:00~18:30まで受付で21:00までご対応可】
お気軽にお問い合わせ下さいませ!

<<お待たせしないために>>
一度に一組様のご対応ですので、ご来店前にご確認御連絡頂けますと
接客でお待たせすることがなくなります。

この記事が少しでもお二人のリングづくりのお役に
たてば嬉しく思います。

それでは挙式のご準備頑張ってくださいね!