<結婚指輪の刻印ってどんな内容をいれるの?>
と言うご質問にお答えしたいと思います。

通常ショップで
<リングの刻印はどうされますか?>
と聞かれるのは、マリッジリング(結婚指輪)の
裏側に入れる刻印のことを言います。
その場合、定番の内容は
○入籍日/挙式日/その他記念の日付
プラス
○お二人のイニシャル
となります。

<例>2017.1.1挙式のげんさんとゆいさんの場合
・メンズ/ 2017.1.1 Y to G
⇒<Y to G>YuiさんからGenさんへの意味
・レディース/ 2017.1.1 S to Y
⇒<G to Y>GenさんからYuiさんへの意味

刻印の内容は「こうでないといけない」という
決まりごとはありません。
お互いに贈るすてきな言葉を永遠に消えない
証として彫り込むのもすてきなことだと思います。

オリジナルな内容では
<記念の日付>+<お気に入りフレーズ>
が人気です。

TOGETHER/一緒に
WITH YOU/あなたと
など一体感を盛り上げる単語が選ばれることが
多いですね!

文字数は15文字程度までが無難ですが、
彫り方やリングのデザインにより前後します。

彫り方は何種類かあり、
ショップによって対応がちがいますので、
調べておくと良いでしょう。

セブンドリームスでは、
①機械彫り/彫刻機での彫刻
・費用/無料
・書体/二種類

②レーザー彫刻/レーザービームでの彫刻
・費用/一本¥8,000から
・書体/各種(PCで見かけるほとんどの書体を使えます)

レーザーはイラストや、家紋などデザイン性が高い
彫刻が出来るのでお二人らしいオリジナル性を実現出来ます。
また自分で書いた文字/イラストをそのまま彫り込めるので
是非一度事例を見て見て下さいね!
⇒レーザー彫刻事例はこちらをクリック

彫刻は、一番手軽に取り組めて仕上がりも
イメージしやすいカスタマイズ方法なので、
せっかくの機会に、世界にひとつのリングに
取り組むことオススメします!

この記事がお二人のオンリーワンのリング作りの
お役に立てば幸いです!